株式会社宝機材 - やさしい環境をあなたとつくる

課題解決実例集

グレーチングの宝機材

課題解決実例集

  1. グレーチングの宝機材/HOME
  2. 課題解決実例集
  3. 管理負担軽減
  4. 落ち葉対策グレーチングの定番!側溝蓋や桝の維持管理に

管理負担軽減

落ち葉対策グレーチングの定番!側溝蓋や桝の維持管理に

  • 管理負担軽減
  • バリアフリー
  • 各種タイプ対応
現場名
神奈川県平塚市
日付
2005.03.31
落ち葉対策に設置された細かい網目のグレーチング

落ち葉対策に設置された細かい網目のグレーチング

 

神奈川県平塚市内の公園敷地内にLSハイテンマルチグレーチングが施工されました。

 

一般的に公園には季節を演出するために、桜やイチョウ・ケヤキ、楓をはじめとする落葉樹や色とりどりの草花が植栽されております。

 

しかし、冬が近づくにつれ落ち葉が増え、運動場、駐車場の砂利、枝折れ、ゴミ、ビニール袋などと共に側溝や集水桝へ流れ込み、排水機能を阻害してしまうという状況が発生することがあります。

 

毎日、清掃できればよいですが、綺麗な状態を維持するためには人手も予算もかかります。

 

そこで、落ち葉などの清掃を少しでも楽にするためにエキスパンドメタルと呼ばれる鋼材を利用したLSハイテンマルチグレーチングが施工されました。

 

 

LSハイテンマルチグレーチングはグレーチング表面に細かい網目のメッシュ加工が施されているため、何も加工されていないグレーチングよりも、落ち葉や砂利などをキャッチして、雨水を効率よく排水し冠水を防止します。

 

グレーチング表面のゴミが側溝や集水桝に流れ込んでしまう前に、竹ほうき等で掃除できるため、清掃が楽になり管理負担も軽減されました。

 

 

 

メッシュ加工されたグレーチングの適用場所

 

落ち葉が集まりやすい側溝に

今回の現場は公園内の集水桝でしたが、側溝の落ち葉対策でも活用できます。

グレーチングをすり抜けた落ち葉が、側溝内に溜まり堆積していくことで、排水機能を著しく低下させることがあります。側溝内にゴミが蓄積する前に、対策できるという視点が管理負担を軽減します。

落ち葉対策をしていないU字溝

落ち葉対策をしていないU字溝

 

落ち葉対策をした側溝蓋

落ち葉対策をした側溝

落ち葉対策桝の導入で、歩道整備工事などと一緒に清掃を行うことを想定している自治体でも活用できることでしょう。

 

 

自動販売機前の落下防止に

表面をメッシュ加工したLSハイテンマルチグレーチングは、自動販売機付近の側溝蓋にも有効です。

自動販売機で小銭を落とし、「あ!」と思った時には、側溝蓋の中へ。

そんな経験された方も多いのではないでしょうか。

 

また、車のキーなどでも同様に側溝に落ちてしまう可能性があります。

 

グレーチングの網目(主部材ピッチの間隔)が狭い細目グレーチングでも、カードのような薄い形状の物は落ちる可能性がないとも言えません。

LSハイテンマルチグレーチングは、そういった貴重な所持品の落下防止機能を持ち合わせています。

硬貨やカギが落ちないグレーチング

硬貨やカギが落ちないマルチグレーチング

 

 

 

エキスパンドグレーチングの活用例

 

靴底のゴミ取りに

よくある一般的な泥取りマットは、鉄に比べて柔らかいため、頑固な付着物が取りにくいことがあります。

鋼製メッシュ(エキスパンドメタル)が表面に加工されたLSハイテンマルチグレーチングは排水機能も備えているため、水で洗いながら靴底の付着物も除去できます。

 

使用場所

・作業場の出入り口

・学校や保育園の校舎出入り口

・ゴルフ場のシューズ洗い場

 

作業靴の汚れを取る

作業靴の汚れ取りにも。

 

 

分離としての機能

エキスパンドメタルを貼り付けたメッシュ構造は、「分離」という機能性があります。いわゆる「ふるい」です。

こういった構造は、振動機の機械装置への応用が考えられます。

さらに、分離槽を設けることで、洗いながら仕分けしたいというニーズにも対応できるでしょう。

 

例えば洗浄後に、以下のように仕分けしたいというニーズはございませんか?

1. 「商品自体」

2. 「エキスパンドの上に残るもの」

3. 「エキスパンドの下に残るもの」

 

3つの分離機能の図

 

エキスパンドメタルの様々な使用方法のご相談、またご不明な点等ございましたらお気軽にお問い合わせください。

 

 

お問い合わせ

製品情報

製品ページ

LSハイテンマルチグレーチングの製品ページを見る

 

カタログダウンロード

LSハイテンマルチグレーチングのカタログをダウンロードする(PDF:3.2MB)

 

 

製品についての問い合わせ

株式会社宝機材

TEL058-327-2222 FAX058-327-2223

 

お問い合わせフォームはこちら

 

お見積りのご依頼はこちら

 

back top