株式会社宝機材 - やさしい環境をあなたとつくる

ごあいさつ

グレーチングの宝機材

ごあいさつ

 弊社は、昭和47年の創業以来、『お客様と一緒に工夫をし、よい製品をお届けして、地域社会の環境改善に貢献する。』ことをモットーに、グレーチングをはじめ、各種の土木建築資材、衛生機材、上下水道用機材の製造・販売と、その改良・開発に従事してまいりました。この間、お客様から絶えざるご指導とご支援を頂きましたことに、あらためて厚く御礼申し上げます。

 近年は、『高齢化』、『低炭素化』、『省エネ化』に対する取り組みだけではなく、頻発する自然災害や、インフラの老朽化による災害に対応すべく、『防災』、『減災』を踏まえた取り組みが求められる時代となりました。そのような環境下において、業界に先駆け開発したハイテン鋼を使用したLSハイテングレーチングは、時代のニーズを確実に捉え急速に普及しています。弊社では、お客様へ更なる満足がお届けできるように、2010年4月には、溶融亜鉛めっき工場を新たに稼働し、2012年以降は、グレーチング及び関連製品の品質向上をはかるべく、最新鋭の加工機を次々に導入することで一貫生産体制を強化しております。また、グレーチングの生産を通じて磨いてきた鋼製品加工技術と溶融亜鉛めっき処理技術を活かして、太陽光発電事業に欠かせない架台や、その架台を支える杭の一貫生産で強みを発揮しております。特に鋼管杭については、量産型のラインを構築することでお客様のご要望にお応えし、ご好評を頂いております。

 今後は、東日本エリアの復興、及び2020年に開催される東京オリンピックに向けたインフラ整備が急ピッチで進んでいくことが想定されます。また、太陽光発電事業を始めとする、新たなエネルギー産業の拡大に伴う需要にも注視が必要です。弊社では、そのような環境で起こりうる課題をしっかりと見据えながら『人にやさしい環境づくり』という我社の理念を時代と共に深堀していきます。そして、皆様が快適だと思う暮らしの実現に向けて貢献していきたいと考えております。そのためにも、お客様の『声』に真摯に耳を傾け、社員が一丸となって誠意を持って努力を積み重ねること、そして、柔軟な発想を持って果敢に挑戦することでご期待に応えていきたいと思います。
 どうか今後とも、皆様の一層のご支援とご協力を賜りますようお願い申し上げます。

代表取締役 浅野寛榮

会社案内

back top