株式会社宝機材 - やさしい環境をあなたとつくる

課題解決実例集

グレーチングの宝機材

管理負担軽減課題解決実例集

  1. グレーチングの宝機材/HOME
  2. 課題解決実例集
  3. ハイテンスチールグレーチング
  4. 強いグレーチングで側溝をリニューアル!破損を繰り返す現場で

ハイテンスチールグレーチング

強いグレーチングで側溝をリニューアル!破損を繰り返す現場で

  • 景観向上
  • 騒音対策
  • 経済的
現場名
千葉県柏市
日付
2017.03.13
車両が乗り上げ壊れた甲蓋から耐荷重14トンのグレーチング蓋に入れ替えた現場 千葉県柏市

車両が乗り上げ壊れたコン蓋から耐荷重14トンのグレーチング蓋に入れ替えた現場 千葉県柏市

 

千葉県柏市内にて側溝蓋入れ替え工事が行われました。

 

 

ゴミ置き場付近の側溝蓋が破損

現場は千葉県柏市内の民間住宅一帯で、アパート前の出入り口やゴミ置き場付近など数か所でU字溝240mm用1種蓋(歩道用コンクリート蓋)が破損しておりました。

既設の蓋の耐荷重は歩道用ですが、ゴミ収集車が通るルートであるため、蓋に乗り上げることが多く、中には完全に割れて陥落し危険な状態になっている場所もありました。

壊れた歩道用コンクリート蓋

 

 

騒音防止ゴム付きでの修繕とコストの問題

その課題の対策として、現場の既設コンクリート蓋と同じ大きさ・厚みで、T-14耐荷重・騒音防止ゴム付きに設計変更した蓋を入れ替える方法を希望されておりました。

しかし、従来のスチールグレーチングの普通目(あら目)タイプではT-14の荷重対応にすると蓋の全高が合いませんでした。

一方、細目タイプでは、全高は合いますが、コストが高くなるため予算が合いませんでした。

危険な状態であるにも関わらず改修が進められずにいました。

201703131733

 

 

強度の高いグレーチングで解決

そこで、耐荷重に優れたハイテンスチールグレーチングでの入れ替え工事が行われました。

ハイテンスチールグレーチングは主部材に強度の高いSS鋼材を使用した鋼製グレーチングです。

今回の使用条件の「T-14耐荷重」かつ「騒音防止ゴム付」でもあら目タイプでクリアできるため予算内で改修ができました。

ハイテンスチールグレーチングは従来スチールグレーチングと比較して「強さ」に加え「軽さ」も特長で、今回入れ替えられた蓋は1枚約9kgです。

 

 

 

ハイテンスチールグレーチングへの入れ替え

破損していた蓋、総延長約27mすべてをハイテンスチールグレーチングへ入れ替えられました。

結果、破損し陥落していた危険な個所は修繕され、安全な道路環境になり、人も自動車も安心して通行できるようになりました。

ハイテンスチールグレーチングの入れ替え工事が行われた現場

ハイテンスチールグレーチングの入れ替え工事が行われた現場

 

 

施工後の住民の声

住民の方からは「壊れていて危険だったけど安全で見た目もよくなり安心しました。」とお言葉をいただきました。

 

 

 

ハイテンスチールグレーチングについて

ハイテングレーチングのメリットが生かされた他の事例もご参照ください。

重たいグレーチングを軽くしたい!大型集水桝の管理桝【平均30%軽量化NETIS-V】

 

壊れたグレーチングの入れ替えを検討するならハイテンCPグレーチングもおすすめです

衝撃に強いグレーチングの定番!破損を繰り返す側溝蓋に|ハイテンCPグレーチング(シマグレ)

 

 

 

お問い合わせ

主部材にハイテン鋼を使用し軽量化したグレーチング

主部材にハイテン鋼を使用し軽量化したグレーチング

 

「ハイテンスチールグレーチング」は主部材に強度の高いSS鋼材を使用した鋼製グレーチングです。物価本「月刊建設物価2016年10月号」より品目名称(ハイテン鋼製グレーチング)として掲載されている汎用品です。

一般的な鋼製グレーチングのすべての規格・規格外品(特注品)・県産品(県型)サイズに対応しております。

建築では、公共建築協会の評価書も取得しております。この機会に、土木建築双方でご検討されてはいかがでしょうか。

 

 

ハイテンスチールグレーチング製品情報(規格サイズ・定価・cad図面・カタログ)

製品の紹介ページ
・製品ページを見る

 

規格・サイズ・定価情報

・規格・サイズ・定価を見る

 

図面のダウンロード

・図面をダウンロードする

 

カタログのダウンロード

・カタログをダウンロードする(PDF:3.7MB)

 

 

製品についてのお問い合わせ

株式会社宝機材
TEL058-327-2222 FAX058-327-2223

 

お問い合わせフォームはこちら

 

見積依頼フォームはこちら

 

back top