株式会社宝機材 - やさしい環境をあなたとつくる

課題解決実例集

グレーチングの宝機材

グレーチング盗難対策スチールブロッカー

かさあげグレーチングの盗難対策

スチールブロッカーは、かさあげグレーチングの盗難対策にターゲットを絞り開発された商品です。
2種類のスチールブロッカーで道路側溝、可変側溝、暗渠型側溝用のかさあげグレーチング約9割に対応できます。 だから、早く、安く、簡単に盗難対策ができます。
跳ね上がり対策にもなります。

グレーチング盗難について

グレーチング盗難について

全国的に盗難に遭うグレーチングのほぼすべてが固定機能あるいは抑止機能がないものです。(各自治体発表の盗難報告を自社調査した結果)
グレーチングの盗難が車の横転や子供の転落など様々な事故を誘発します。

スチールブロッカーとは

スチールブロッカーとは

かさあげタイプのグレーチングのパイプ部にスチールブロッカーを取り付け、ストッパー部が道路側溝用コンクリート蓋や自由勾配側溝の暗渠部に入り込んで盗難を抑止します。

スチールブロッカーの特長

1.簡単取付

パイプに差し込んで固定するだけで簡単に取り付けできます。マルチタイプのスチールブロッカーならコンクリート蓋を外さず設置できます。

2.オールマイティー

マルチタイプのスチールブロッカーなら、道路側溝、可変側溝、暗渠型側溝のかさあげタイプのグレーチングほぼ全てに対応しています。現場での採寸の必要はありません。

3.車道用にも歩道用にも

車道用にも歩道用にも

上下180度反転して使用すれば、コンクリート蓋中央部の厚みが薄い歩道用にも使用出来ます。

4.低コスト

低コスト

グレーチング1枚につきスチールブロッカーを2ヶ所取り付けるだけで盗難対策ができます。

スチールブロッカーの取付方法

道路側溝用グレーチング蓋にスタンダードタイプとマルチタイプを取り付ける場合

  • スチールブロッカーの取付方法1
    かさあげパイプ部にスチールブロッカーを差し込み取り付けます。
  • スチールブロッカーの取付方法2
    対角側にマルチタイプのスチールブロッカーを差し込み取り付けます。ストッパー部のネジをゆるめコンクリート蓋に当たらないよう回転させておきます。
  • スチールブロッカーの取付方法3
    グレーチングを側溝本体に設置します。
  • スチールブロッカーの取付方法4
    マルチタイプのスチールブロッカーのストッパー部をコンクリート蓋の下側に入り込むように回転させてネジを締めます。

取付箇所は対角に2か所

取付箇所は対角に2か所
裏側から見るとこのようになります。

クリアランスが広い場合

クリアランスが広い場合
コンクリート蓋とグレーチングのクリアランスが広い場合は、ドリルネジで固定すると強固な固定ができます。

取り付けるパイプについて

取り付けるパイプについて

パイプの内側部分にスチールブロッカーを差し込むだけなのでさまざまな形状のパイプに対応できます。

取付方法を動画で見る

動画で見る

仕様・サイズ

スタンダードタイプ(SB-S) マルチタイプ(SB-M) ドリルネジ
道路側溝用 道路側溝・可変側溝・暗渠型側溝用 グレーチング固定用ネジ
盗難防止金具スタンダードタイプ 盗難防止金具可変側溝用 盗難防止金具固定ネジ
定価:550円/個 定価:1,300円/個 定価:20円/個
 
  マルチタイプはストッパー部が回転するためコンクリート蓋を外さずに設置できます。  

 

施工事例

課題解決にあたり宝機材の商品を活用した現場をブログ形式でご紹介します。

back top