株式会社宝機材 - やさしい環境をあなたとつくる

グレーチングの宝機材

騒音課題解決実例集

  1. グレーチングの宝機材/HOME
  2. 課題解決実例集
  3. リフタス
  4. コンビニ店舗前のみぞ蓋をボルト固定式に改修した事例

リフタス

コンビニ店舗前のみぞ蓋をボルト固定式に改修した事例

  • 騒音対策
  • 受枠工事不要
  • 即日解放
現場名
長野県阿智村
日付
2020.11.11

長野県阿智村でコンクリート蓋をボルト固定式グレーチングに改修する工事が行われました。

 

コンクリート蓋のガタつきによる騒音

今回リフタスが施工された阿智村は長野県の南端、山あいの静かな村です。村には昼神温泉郷があり、近年は日本一の星空が見える村としても有名で、多くの観光客が訪れます。

国道256号線のコンビニ前では、観光バス等の大型の車両が頻繁に縦横断することなどから、側溝のコンクリート蓋が破損している場所が6か所もあり、ガタつきにより騒音が発生していました。

 

コンクリート蓋を改修して騒音対策をしたい

道路を管轄する土木事務所は、近隣住民からの陳情も受け騒音対策で何か良い方法はないか、と検討されていました。

しかし、コンビニ店舗前のため、長期間の交通規制をしてしまうと利用者や店舗への影響が心配です。工期や交通規制を最小限に抑える方法はないか、と悩んでおられました。

 

側溝を切断する従来の固定化方法

既設側溝を残して改修する工法は様々ありますが、蓋を固定式にする場合、側溝の一部を切断する方法が一般的で、大掛かりな工事になるため工期が長くなってしまいます。

そこで、側溝を切断せずに短時間で改修できる「リフタス」が施工されました。

 

 

ボルト固定機能がついた「リフタス」で騒音対策

「リフタス」は既設の側溝に受枠を「入れ子」のようにセットし、隙間にグラウト材(無収縮モルタル)を充填することで蓋受け部と新しい受枠を固定する工法です。

既設の側溝を利用して設置するため、斫りなどの大掛かりな工事は不要。超速硬タイプのグラウト材を使用することで、わずか数時間で施工でき即日交通解放が可能です。ボルト固定式にすれば騒音対策にもなり、壊れた蓋の改修に加えて機能性をアップできます。
また、強度が高いハイテン鋼を使用しているため耐荷重にも優れ、大型車両が往来する場所にもおススメです。

>鋼製蓋縮小化工法「リフタス」について詳しくはこちら

 

 

施工当日は数時間で即日解放

今回の施工は、温泉街でチェックインに合わせた利用客や観光バスのドライバーが15:00以降に増えるため、店舗側より時間帯の希望がありました。
そのため、全6か所の施工を2日間に分けて施工しました。

コンクリート蓋の撤去

 

リフタス受枠の設置

 

左官補修用モルタルで漏れ止め処理

 

無収縮モルタルの充填

 

グレーチングの取り付け

 

施工業者様の感想

他の工法に比べても手間なく楽に作業ができました。即日解放も可能ということで、他の現場でも同じような困りごとがあるのでまた声をかけます、と好評でした。

 

 

無収縮モルタルの漏れ対策について

スポンジテープ、粘着テープ、ハイモル、簡易的な型枠など施工する現場の状況に最適な方法が必要となります。

※処置方法については業者様にて選定をお願いしております。過去の施工事例なども併せてご参考にしてください。

リフタス施工時の無収縮モルタル漏れ防止処置について

 

騒音対策はボルト固定式の「リフタス」で

この現場で使用した工法についてくわしくはこちら

リフタスについて詳しくはこちら

 

back top