グレーチングメーカー宝機材|やさしい環境をあなたとつくる

グレーチングの宝機材

コンクリートブロック塀の倒壊防止対策

1978年宮城県沖地震では犠牲者の64%がブロック塀の倒壊が原因。 1995年阪神淡路大震災でも約2500ヶ所でブロック塀の被害が発生。

普段は倒壊の心配がなさそうなブロック塀も、耐震化されていなければ大きな地震の時には重大な事故を引き起こす凶器になります。

過去10年を振り返ると震度6前後の地震は20回以上も発生しており、今後も首都直下地震や東海地震、東南海地震など、巨大地震が警鐘されています。 そこで、大切な命を守るため、後付けの控え壁として代用でき、地震直後の倒壊事故を防ぐ耐震化方法についてご紹介します。

コンクリートブロック塀について

各部の呼び方とブロックの種類

ブロック塀の正式名称は「補強コンクリート造のブロック塀」といいます。
用語説明

コンクリートブロック塀の設計基準

ブロック塀をつくるときは、建築基準法を最低限守らなければなりません。 また、社団法人日本建築学会において「コンクリートブロック塀設計規準」等で安全性を確保するために推奨する数値等が規定されています。 ブロック塀に使われる材料の規定を、学会基準を抜粋しご紹介します。
ブロック:
JIS A 5406(建築用コンクリートブロック)
または同等以上
鉄筋:
JIS G 3112(鉄筋コンクリート用棒鋼)
JIS G 3117(鉄筋コンクリート用再生棒鋼)SD295A(異形鉄筋)、SDR295(異形鉄筋)以上
コンクリート・モルタル:
18N/mm2(180kg/cm2)以上の圧縮強度のもの
ブロック塀の高さ:
地盤面より最大2.2m
ブロックの厚さ:
塀の高さが2.0m以下の場合12cm以上
塀の高さが2.0mを超える場合は15cm以上
たて筋:
基礎に鉄筋径の40倍以上の長さを埋め込み1本もので塀の高さ分立ち上げる
一般に直径10mmの節のついた異形鉄筋を使い間隔は40cm~80cmで入れる
控え壁(控え柱):
塀の高さ1.2mを超える場合3.4m以内ごとに基礎と塀と一緒につくる
基礎:
鉄筋コンクリート造または型枠ブロック造布基礎
大きさは、せい40cm以上、幅ブロック厚さ以上、根入れ深さ35cm以上(塀の高さが1.2m以上の場合は高さに応じて深くする)
基礎は地表面より5cm以上立ち上げる

コンクリートブロック塀の経年劣化と耐用年数

屋外のブロック塀は、常に外気に接する環境のため雨水等の進入による鉄筋のサビ、ブロックのひび割れ、モルタルの劣化による目地のひび割れなどで、経年と共に劣化してしまいます。 社団法人日本建築学会の調査によると、ブロック塀の耐久年数は規定を守られた良い設計・施工のものでも約30年とされています。 しかし、設計基準に沿った施工指導が適切にされるようになったのは10年前ぐらいからとされ、耐用年数30年が経過していなくても古いものには構造規定が守られていない危険の潜むブロック塀が多く存在します。

耐用年数約30年

耐震化の遅れと事故の責任

地震時に倒壊の恐れがあると認識しつつも、撤去できない場所や隣地境界線上で手を付けられないなどの理由から現実には補強対策が遅れています。

工事がしにくいブロック塀

危ない壁を放っておき、もしも事故が起きたら責任はどうなるのでしょうか。
-民法717条-
土地の工作物の設置又は保存に瑕疵があることによって他人に損害を生じたときは、その工作物の占有者は、被害者に対してその損害を賠償する責任を負う。ただし、占有者が損害の発生を防止するのに必要な注意をしたときは、所有者がその損害を賠償しなければならない。
このように、無過失でもブロック塀倒壊による損害が発生したときには所有者の責任となりうるのです。 実際に、倒壊による被害の損害賠償請求は行われており、2016年4月の熊本地震では倒壊したブロック塀の下敷きになり死亡した被害をうけ刑事告訴に進展した例もあります。

危ないブロック塀を耐震化する補強方法は?

では、ブロック塀を耐震化するにはどのような工事をすればよいのでしょうか? 一般的に行われる補強工事の一例をご紹介します。

コンクリート控え壁を作る

控え壁 部分的にはつり、鉄筋を掛けて配筋し型枠を組んでコンクリートを打つ。

鋼製支柱をたてる

鋼製支柱 あらかじめ鉄工所などで製造した鋼製支柱を設置する。
いずれも大掛かりな工事です。さらに、施工後はスペースが狭くなり利便性が失われます。 また、境界線上や塀の裏側に狭くて人が入れないといった問題で工事そのものができない場合もあります。

コンクリートブロック塀耐震補強金具 「FITフィットパワー」

そこで、コンクリートブロック塀耐震補強金具FITパワーをご紹介します。

ブロック塀の後付け補強方法「FITフィットパワー」とは?

FITパワー(フィットパワー)は、控え壁の代用として工事が難しかった場所でも省スペースで施工でき、設置後も利便性を失わずに耐震化できるコンクリートブロック塀の補強金具です。 コンクリートブロック塀耐震補強金具フィットパワー

FITパワーの特長

  • 控え壁として代用できる
  • 後付け可能
  • 強靭な耐震性能
  • 耐腐食性が高い材質
  • 省スペース設計
  • 工程数が少ない簡単施工
  • 一人で持ち運べる重量
  • 景観配慮の化粧カバー付
※化粧カバーはオプションです。

FITパワーの施工方法

  • ブロック塀耐震化金具FITパワーの施工方法1
    1.貫通ボルト用穴あけ
  • ブロック塀耐震化金具FITパワーの施工方法2
    2.杭基礎の穴掘り
  • ブロック塀耐震化金具FITトパワーの施工方法3
    3.金具取付
  • ブロック塀耐震化金具FITパワーの施工方法4
    4.コンクリート流込み
コンクリートブロック塀の状態や施工場所の状況によって使用できない場合があります。

施工方法を動画で見る

FITパワー施工説明1

FITパワー施工例

控え壁のないブロック塀を耐震化

駐車場のブロック塀 駐車場の古いブロック塀にFITパワーを後付けし耐震化しました。

民家のブロック塀を耐震化

古いブロック塀 撤去しようか迷っていたブロック塀をFITパワーで耐震化しました。

勝手口からの動線を確保

控え壁のない耐震化ブロック塀 控え壁では通路が狭くなり利便性が失われるためFITパワーで動線を確保しました。

隣地境界上のブロック塀を耐震化

隣地境界上のブロック塀 隣地境界中心に積まれたブロック塀をFITパワーで耐震化しました。

FITパワーはこんな場所におすすめです

通学路のブロック塀
  • 通学路に面したブロック塀
  • 控え壁がないブロック塀
  • 解体撤去が難しい狭い場所
  • 隣地境界上のブロック塀
  • 狭隘地のブロック塀

FITパワーは古いブロック塀から新設まで控え柱として利用できます!

FITパワーの耐震性能と品質

岐阜大学工学部と共同研究による検証試験の実施

岐阜大学工学部と共同研究による静的水平力載荷試験を実施。 耐震性能を検証するために、実際に高度成長期当時の施工方法でブロック塀を建て、震度に相当する力で牽引しました。

検証試験の実施

試験結果

何も対策していないブロック塀

控え壁のないブロック塀 牽引荷重4kNで瞬間的に転倒

耐震化したブロック塀

耐震化したブロック塀 牽引荷重17kNで傾きはじめ27kNでも転倒せず保持

荷重-変位曲線

荷重-変位曲線
FITパワーは、震災時にコンクリートブロック塀が瞬間的に転倒するのを防ぎ人命を保護する目的に十分以上で強靭な耐震性能を持つことが実証されました。

※FITパワーはコンクリートブロック塀の躯体そのものを守る製品・工法ではありません。

一般社団法人防災安全協会 防災推奨品に認定

防災推奨認定マーク
FITパワーは、震災時に有効に活用でき安全と認められる防災製品として認定されています。 また、防災安全大賞2018・復興支援部門において金賞を受賞しています。

品質・クオリティ

国内工場
FITパワーの支柱は加工から溶接、溶融亜鉛めっき表面処理まで一貫して国内工場で製造しております。
  • ISO9001品質マネジメントシステム認証取得
  • 溶融亜鉛めっきJISマーク表示認証

お客様の声

無視できない建築基準法。控え壁の代わりに。

長年住んだ古いお家を新築に建て替えました。でも、家の周りのブロック塀は隣人との兼ね合いから残すことにしたのです。その時問題になったのが現在の建築基準法です。ブロック塀の高さが1m20cmを超えると控え柱が必要になり、泣く泣く設置せざるを得ない状況でした。今まで家の外周を不自由なく通行できたのですが控え柱を設置すると、勝手口周辺が通れなくなってしまいます。 そこで、見つけたのが「FITパワー」でした。早速問い合わせをした結果、控え柱の代わりとなる事、構造上問題は無いとのことで直ぐに「FITパワー」を取り付けました。 愛知県 施主様

大切な植木も残し、補助金も受けられて助かりました。

築25年の古いブロック塀を解体撤去する・しないの押し問答が私の心の中で続いておりました。理由は土留め兼用の塀であり、何といっても解体と同時に手塩にかけて育てている植木と草花も撤去する必要があるという事でした。また、費用面の悩みもありました。 そこで、土木業者さんに相談したところ「FITパワー」なら大事な植木も草花を撤去しなくても補強金具を取り付けられるとの事でした。さらに、自治体の住宅リフォーム促進事業の助成金が受けられ費用の問題も助かりました。新潟県 施主様

駐車スペースを減らさずに利用者の安全対策もできる。

有料駐車場を運営するにあたり問題になったのが周りを囲う隣地境界ブロックでした。壊すことも出来ず、かといって現建築基準法に則りRC系の控え壁を取り付けると駐車キャパシティを減らす必要がある。非常に難しい決断を直ぐにしなければならなかったのですが、ゼネコンさんから「FITパワー」を紹介され、控え壁の代わりになること、そして何より大事なことは地震がおきた際、瞬時にブロック塀が倒壊することを防ぎ、お客様が車とブロックに挟まれないよう逃げる時間を稼げるという観点から採用に至りました。大阪府 施主様

お問い合わせ

FITパワーのお問い合わせ

FITパワーについてのお問い合わせ、お見積りはページ下部お問い合わせフォームよりお待ちしております。

各種資料ダウンロード

このページをSNSでシェア

宝機材公式SNSアカウント
  • Twitter(別ウィンドウで開く)
  • facebook(別ウィンドウで開く)
  • Instagram(別ウィンドウで開く)
  • Youtube(別ウィンドウで開く)
  • LINE(別ウィンドウで開く)

back top