株式会社宝機材 - やさしい環境をあなたとつくる

課題解決実例集

グレーチングの宝機材

ゲリラ豪雨課題解決実例集

  1. グレーチングの宝機材/HOME
  2. 課題解決実例集
  3. EZメタルウォール
  4. 用水路のリニューアル~軽量な嵩上げ擁壁で水害対策!止水期間最短で工事

EZメタルウォール

用水路のリニューアル~軽量な嵩上げ擁壁で水害対策!止水期間最短で工事

  • 簡単取付
  • 既設側溝対応
  • 工期短縮
現場名
石川県金沢市
日付
2017.08.24

石川県金沢市の金沢市福増地区水路嵩上補修工事にてハイテン鋼製擁壁EZメタルウォールが施工されました。

 

 

少しの雨でも越水する用水路

 

今回施工が行われたのは金沢市内の溝幅600ミリの用水路です。

現場の水路は水深が浅く、さらに田んぼに水が張られるこの時期は常に多くの水が流れていることもあり、少し雨が降るだけでもすぐにオーバーフローしてしまう状況でした。

地域の方からの陳情もあり、全長56mに高さ300ミリの水路嵩上げ工事が行われることになりました。

 

 

長期間水路の水を止められない

 

現場の水路は水流が激しく、水嵩も水路の高さギリギリまであるため、水を止めて工事を行う必要がありました。

従来のコンクリートの杭と板を並べて行う嵩上げ方法も検討されておりましたが、工事期間が長く、その間ずっと水を止めることになります。

しかし、長い間水路に水が流れないようにする作業は非常に手間がかかるため、素早く行える工事方法を検討されておりました。

 

 

最短で嵩上げ工事が可能な製品

 

ハイテン鋼製擁壁EZメタルウォール(イージーメタルウォール)

そこで、最速で嵩上げ工事ができるハイテン鋼製擁壁EZメタルウォールが施工されることになりました。

EZメタルウォールは強度が高くて軽量な鋼材、ハイテン鋼で出来ており重機を使用しなくても人力で運ぶことが可能です。

施工方法は既設の側溝に掛けていくだけなので、大掛かりな作業をすることなく簡単に素早く工事が行えます。

 

 

施工手順

 

今回の現場で使用した製品は、かさ上げする高さが300ミリ、長さ1メートルで重さ9.5kgと非常に軽量です。これほど軽量化できるのもハイテン鋼素材の擁壁だからです。強度も十分備えております。

 

施工中のイメージ

EZメタルウォールの施工方法

※写真は別現場のものです

・水路側壁の脇を掘ります。

・既設の水路に「EZメタルウォール」を掛けていきます。

・連結部分をボルトで固定し、コーキング処理をします。

・盛土をします。

施工完了!

 

 

短い止水期間で嵩上げ完了

 

 

今回の嵩上げ工事は止水コーキングまで合わせて6時間で完了し、水を止める期間も1日で済みました。

既設の側溝に300ミリの嵩上げをしたことで、降雨時の増水にも対応できる水路にリニューアルされました。

 

 

施工後の感想

 

施工業者の方からは「早く作業が終わったのであまり疲れなかった。」とお言葉を頂きました。

 

発注担当者の方には施工の速さ、大掛かりな工事が不要の簡易さにとても良い印象を持たれたようで好評でした。

 

 

水路リニューアル後の越水防止効果

 

施工から1ヶ月後の様子です。

降雨直後で増水し、水位が既設水路の高さを越えていました。

EZメタルウォールで300ミリの嵩上げをした部分は止水の効果がしっかりと確認できたのに対し、未施工の部分からは水が溢れている状況です。

EZメタルウォールによって水深が浅い水路でも確実に越水を防いでいるのが確認できました。

 

地域の方の声

「製品の効果は上々で、越水防止に対応している。見た目もきれいに整備された。」とのお言葉を頂きました。

 

 

用水路の寸法高アップの他の施工事例

鋼製擁壁で変形した排水路を嵩上げ!軽い鉄板で地盤沈下を防ぐ

 

昨今、現場レベルでも生産性向上が叫ばれています。特に現場は想定外の問題や天候の問題で工程にムラがでます。一方で、人手不足や長時間労働の問題から週休二日をしっかり確保できる体制づくりの努力も必要になってきました。『週休二日施工』にお役立ちする製品工法の一つとしてご活用ください。

 

 

製品情報(製品詳細、施工実績、カタログ)

EZメタルウォールの製品ページを見る

EZメタルウォールの施工実績を見る

 

 

製品・工法の施工動画

特長や施工方法をわかりやすく簡単にまとめた動画です。これを見ればどんな製品なのかすぐにご理解いただけます!

ハイテン鋼製擁壁「EZメタルウォール」再生時間:1分39秒

最速のかさ上げ工法・土留め工法 ※youtubeが開きます

 

 

製品についてのお問い合わせ

株式会社宝機材

TEL058-327-2222 FAX058-327-2223

お問い合わせフォームはこちら

back top