株式会社宝機材 - やさしい環境をあなたとつくる

グレーチングの宝機材

盗難・跳ね上がり課題解決実例集

  1. グレーチングの宝機材/HOME
  2. 課題解決実例集
  3. リフタス
  4. 1.5車線道路の改良にすれ違いで乗り上げる蓋の跳ね上がり対策

リフタス

1.5車線道路の改良にすれ違いで乗り上げる蓋の跳ね上がり対策

  • 跳ね上がり対策
  • 工期短縮
  • 即日解放
現場名
兵庫県加西市
日付
2020.09.16

1.5車線道路のすれ違い待避所

兵庫県加東土木事務所発注の緊急小規模短契工事にてリフタスが施工されました。

 

 

1.5車線道路のすれ違いと車両の進入

現場は1.5車線道路で大型車同士などのすれ違いの時に桝の上に車両が侵入し、グレーチングの反り・跳ね上がりが発生しており危険な状態でした。

すれ違いで大型車両が侵入乗り上げグレーチングガタツキ騒音

※1.5車線的道路整備:全線を2車線で整備するのではなく、1車線の整備と待避所の設置を組合わせた整備(国土交通省HPより)

 

桝をはつってボルト固定式に替える

跳ね上がり対策のためにグレーチングをボルト式に替えようと検討されましたが、現在の落とし込み式・細目・耐荷重T-25のグレーチングとはサイズも形状も異なることから桝のハツリと受枠の打ち直しが必要でした。そうなると約1週間程度の工事期間中、交通規制等の影響があります。

また、蓋の跳ね上がり以外は道路も桝もきれいな状態でしたので、現在の枠のまま小規模工事で跳ね上がり対策ができないか悩まれておりました。

 

 

小規模で緊急工事するならリフタス

そこで、現在の枠のままボルト固定式グレーチングに改修し跳ね上がり対策ができる工法として「リフタス」が施工されました。

 

 

枠を替えないボルト固定化・跳ね上がり対策「リフタス」とは

側溝を切断しないリニューアル工法

「リフタス」は既設の蓋よりもひとまわり小さい枠を「入れ子」のようにセットし、隙間にグラウト材(無収縮モルタル)を充填することで蓋受け部と新しい受枠を固定する工法です。

従来、蓋をボルト固定式にするには受け枠の入れ直し工事が必要ですが、リフタスは既設の枠の中に新しい受枠を施工するためボルト固定式に替えることができます。

蓋・枠共に従来鋼より強度の高いハイテン鋼を使用しており、従来の強度基準は満足した状態でグレーチングを縮小・軽量化しています。

鋼製蓋縮小化工法「リフタス」について詳しくはこちら

 

 

わずか2時間で跳ね上がり対策工事が終了

朝9時のスタートで途中休憩もはさみながら11時過ぎには作業が終了。グラウト硬化後、交通解放となりました。

作業の様子をご紹介します。

乗り上げで蓋が反り跳ね上がり対策したい桝

既設グレーチングを外す

 

既設枠の中に新しい枠を設置して工事する

既設枠の中に新しい枠を入れる

 

桝のハツリなしでボルト固定にする工事

幅と高さを微調整

 

木材で簡易型枠組み

木材でモルタル漏れ止め処置

 

無収縮モルタル撹拌

無収縮モルタル撹拌

 

既設枠と新しい枠の隙間にグラウト材を注入

隙間に注入・充填

 

新しいボルト固定グレーチングを取り付け

モルタル硬化後グレーチング取り付け

 

小規模工事で即時解放

工事終了・即時解放

 

 

側溝用と桝用グレーチングの向きの違いについて

側溝用と桝用グレーチングのマスの違い

側溝用と桝用の主部材の向き

グレーチングを設計するにあたり車両進行方向と主部材の向きが重要となります。側溝用グレーチングは車両進行方向と主部材の向きが垂直に、桝用グレーチングは車両進行方向と主部材の向きが平行になるように設置してください。

 

 

工事規制期間が5分の1以下

「リフタスの施工は今回が初めてで最初は勝手がわかりませんでしたがやってみると簡単でした。次回からさらに30分は短縮できそうです。本来なら桝のハツリから1週間程度は管理が必要になるけど手間も省けていい商品ですね。」とお褒めの言葉を頂きました。

 

 

1.5車線的道路整備の改修(待避所等)に

リフタスは小規模かつ即日解放できるボルト固定化工法として集水桝や側溝の改修に多くの好評を頂いています。

また、比較的交通量の少ない地域の道路整備手法「1.5車線的道路整備」においても、大型車とのすれ違いを確保できる待避所等の局部改良として大変効果的です。

ぜひ、お問い合わせください。

 

 

跳ね上がり対策工事に使用した工法「リフタス」について

この現場で使用した工法についてくわしくはこちら

リフタスについて詳しくはこちら

 

 

他の現場の記事を見る

鋳鉄製グレーチングを改修!塩害や経年劣化にはリフタス工法

 

乗り入れ部を横断する側溝の破損をリフタスで改修・即日解放

back top