グレーチングメーカー宝機材|やさしい環境をあなたとつくる

グレーチングの宝機材

ゲリラ豪雨 課題解決実例集

  1. グレーチングの宝機材/HOME
  2. 課題解決実例集
  3. EZメタルウォール
  4. 高速道路の法肩排水溝を嵩上げした越水対策事例

EZメタルウォール

高速道路の法肩排水溝を嵩上げした越水対策事例

  • 簡単取付
  • 工期短縮
  • 重機不要
現場名
宮城県
日付
2020.12.08

高速道路常磐自動車道法面維持工事

宮城県内の常磐自動車道にEZメタルウォールが施工されました。

現場は、常磐自動車道山元南スマートインター近くのベンチフリューム300用側溝で、2019年10月に発生した台風19号で水があふれる被害が発生。

高速道路の管理会社様では、側溝からの越水防止策を検討されました。

 

 

法面保護のための側溝整備

高速道路の法面(資料写真)

高速道路の法面(資料写真)

法面崩壊の大部分は水に起因するものが多いとされています。そのため、法肩排水溝や小段排水溝などの整備は特に重要です。高速道路に面した法面が崩壊すれば、人命の安全はもとより交通インフラに多大な影響を及ぼします。

今回施工した現場は、高速道路からの雨水が法肩排水溝をオーバーフローし、下に交差する一般道へ流れてしまうという問題も起きています。

 

 

高速道路の渋滞発生や通行止めの影響

頻発するゲリラ豪雨や大型台風の降雨に備え、排水施設に機能不足や不良があれば速やかな補修工事が必要になりますが、側溝の入れ替えなどで工事が大掛かりになれば工期やコストも増大します。

工事期間中は渋滞の発生が予想できますし、片側1車線の道路の場合、片側の完全な通行止めを余儀なくされ利用者の利便性・快適性が低下します。

 

 

延長100mの施工を1日でできる嵩上げ工事

そこで、高速道路の法面維持に最適な鋼製擁壁「EZメタルウォール」を使用した修繕工事が行われました。

EZメタルウォールは側溝の側壁に差し込んでいくだけで越水、跳び水を防ぐことができる鋼製擁壁です。コンクリート製の資材とは違い、軽量で持ち運びが容易のため重機やクレーンでのつり上げが不要です。工事車両が入れない法面の中段など小段排水溝にもおすすめです。

延長100m程度なら1日で施工できるほど工事が早く養生期間も必要ないため、工事による規制の影響を最小限に抑えることができます。

 

 

水路間際の止水

止水処理も併用した水路の補修工事

今回の現場では、延長20mにわたり、かさ上げ高さ300mm用のEZメタルウォールが施工されました。さらに、水路間際の浸食や洗掘を極力おさえるため、側溝とEZメタルウォールを強力な漏水補修シート(マルチメンテシート)を使用して止水処理を施しています。

マルチメンテシートについてはこちら

マルチメンテシート

 

 

小段排水溝と縦排水溝の継ぎ目や桝にも

EZメタルウォールでの嵩上げ工法は、コンクリート柵や側溝入れ替え工事等と比較して大幅に短い工事期間で施工できるため、工事規制による渋滞の改善に役立ちます。

また、車両が入れない場所、カーブ・折れ点などの形状対応、縦排水との継ぎ目の桝など、加工性の高い鋼製のメリットを活かし、あらゆる場所に対応可能です。

車が入れない小段排水の修繕工事

縦排水と小段排水の継ぎ目の桝

 

 

施工業者さまの感想

「EZメタルウォールは施工が楽でした。越水対策を検討中の別の現場でも使用したいです。」とのご感想とともに、別現場のご相談もいただきました。

 

 

EZメタルウォールについて詳しくはこちら

EZメタルウォール

SNS公式アカウント
  • Twitter(別ウィンドウで開く)
  • facebook(別ウィンドウで開く)
  • Instagram(別ウィンドウで開く)
  • Youtube(別ウィンドウで開く)
  • LINE(別ウィンドウで開く)

back top